英単語日記

今日覚えた単語の備忘録。

「普通じゃない」を英語で言ってみたい。

”The Growing Pains of Adrian Mole Adrian Mole 02”からの引用です。

“Our usual postman has been replaced by another one called Courtney Elliot. We know his name because he knocked on the door and introduced himself. He is certainly no run-of-the-
mill postman, he wears a ruffled shirt and a red-spotted bow tie with his grey uniform.”

「いつもの郵便屋さんがコートニー・エリオットという別の人に代わった。なんで名前を知っているかというと、ドアをノックして自己紹介に来たからだ。普通の郵便屋さんじゃないことは間違いない。ヒラヒラのついたシャツと赤い水玉の蝶ネクタイをグレーの制服に合わせている。」

 

 

"not run-of-the-mill" =  「普通じゃない」

 

 

 

 

 run-of-the-millをググると以下のように説明されています。

"lacking unusual or special aspects; ordinary"

「特徴や変わった点に欠ける。平凡」

 

"run"をググると名詞としての意味に以下のものがあります。

"the average or usual type of person or thing"

「平均的もしくはいつもの種類の人や物」

 

"mill"はググると以下のように説明されています。

"a building fitted with machinery for a manufacturing process"

「製造工程のための機械が備えられた建物」、工場のことです。

 

 

 

 

 類は友をよぶというか、主人公エイドリアンの周りには変わった人が集まります。

The Growing Pains of Adrian Mole: Adrian Mole Book 2 (English Edition)

The Growing Pains of Adrian Mole: Adrian Mole Book 2 (English Edition)

 

 

「当然の報いだ」を英語で言ってみたい。

”The Growing Pains of Adrian Mole Adrian Mole 02”からの引用です。

“Still it serves her right for being promiscuous. I wonder who the father is?”

「でも、誰とでも寝ていることへの当然の報いだ。父親は誰なんだろう?」

 

 

 

"it serves someone right" = 「当然の報いだ」

 

 

"serve someone right"をググると以下のように説明されています。

" be someone's deserved punishment or misfortune"

「誰かへの当然の罰、又は不運」

 

 

 

 

 主人公エイドリアンのお父さんの昔の浮気相手へのセリフです。エイドリアンの空気を読めないところが微笑ましいです。

The Growing Pains of Adrian Mole: Adrian Mole Book 2 (English Edition)

The Growing Pains of Adrian Mole: Adrian Mole Book 2 (English Edition)

 

 

「粗相する』を英語で言ってみたい。

”The Growing Pains of Adrian Mole Adrian Mole 02”からの引用です。

“Hamish made a terrible faux pas at breakfast. He asked my mother, 'Hey, Pauline, where's that guy, Lucas?”

「ハミッシュが朝食で粗相をした。お母さんに『ねえ、ポーリー。あのルーカスって男はどこにいるの?』と聞いたのだ」

 

 

 

 

"make a faux pas" = 「粗相する」

 

 

 

 

"faux pas"ググると以下のように説明されています。

"a embarassingn or tactless act of remak inn a social situation"

「社交的な場での失言や軽率な過ち」

フランス語からの外来語で、元々はフランス語の意味は"false step"「誤ったステップ」を意味します。

grammarlyのサイトによると

"faux pas"の単数形も複数形もスペルは同じですが発音が違います。単数形は[foh pah]ですが、複数形の場合は[foh pahz]と発音し、最後に「ズ」がつきます。

 

 

 

 

ルーカスは主人公エイドリアンのお母さんポーリーの昔の浮気相手です。エイドリアンの友達ハミッシュはKYなアメリカ人という設定なので、暗黙音量会で言ってはいけない質問をしてしまいます。

 

The Growing Pains of Adrian Mole: Adrian Mole Book 2 (English Edition)

The Growing Pains of Adrian Mole: Adrian Mole Book 2 (English Edition)

 

 

「仕事にうんざりする」を英語で言ってみたい。

”The Growing Pains of Adrian Mole Adrian Mole 02”からの引用です。

“My father is getting fed up with his job as a canal bank renovation supervisor. He says that no sooner do Boz, Baz, Maz, Daz and Gaz, his gang, clear a section of canal than some slob comes along in the night and tips a month's household rubbish on the virgin bank.”

「お父さんは運河リノベーション監督のしごとにうんざりしている。お父さんが言うには、部下のボズ、バズ、マズ、ダズ、ガズが運河の一部を掃除した途端にどこかの怠け者が夜にやって来て掃除したての運河に一か月分の家庭ごみを投げ捨てていくらしい」

 

 

 

 

"get fed up with one's job" = 「仕事にうんざりする」

 

 

 

etymoonline.comでは語源が以下のように説明されています。

past-participle adjective from feed(v.).Fed up "surfeited, disgusted, bored," is British slang first recorded 1900 (some early uses connect it to the Boer War), extended to U.S. by World War I; probably from earlier phrases like fed up to the back teeth. Earlier it was used of livestock, "fatten up by feeding." The notion probably is the same one in to have had enough "to have had too much."

イギリスのスラングで1900年に最初の記録が残っているそうです。もともとは"fed up to the back teeth"「奥歯までいっぱいに食べさせられる」という表現でした。最初は"fatten up by feeding"「食べさせて太らせる」というニュアンスで家畜のことを言っていたようです。

 

 

 

The Growing Pains of Adrian Mole: Adrian Mole Book 2 (English Edition)

The Growing Pains of Adrian Mole: Adrian Mole Book 2 (English Edition)

 

 

 

「考えてみます」を英語で言ってみたい。

”The Growing Pains of Adrian Mole Adrian Mole 02”からの引用です。

“He tried to get me to join the Young Communists. I said I would think about it. I thought about it for five minutes then decided not to. The GCE examiners might get to hear about it.”

「バート・バクスターが僕を共産党青年会に勧誘してきた。『考えてみる』と言っておいた。5分間考えて止めておくことにした。GCEテストの試験管が耳に入るかもしれないから」

 

 

"I'll think about it" = 「考えてみます」

 

 

 

urbandictionary.comでは以下のように説明されています

"A way of sayinng 'No' without disappointing the person you're talking to. This phrase is used mostly by parents, and girls"

「話し相手を傷つけることなく『No』という方法。このフレーズは主に親や女の子に使われることが多い」

 

 

 

 

 バート・バクスターは主人公エイドリアンの知り合いで、少し変わったおじいさんです。共産主義者でテーブルビートのサンドイッチしか食べず、woodbineという日本でいうとハイライトのようなブランドのタバコを吸います。

The Growing Pains of Adrian Mole: Adrian Mole Book 2 (English Edition)

The Growing Pains of Adrian Mole: Adrian Mole Book 2 (English Edition)

 

 

「話すことを免れる」を英語で言ってみたい。

”The Growing Pains of Adrian Mole Adrian Mole 02”からの引用です。

“Stick Insect is pregrant! I saw her in the Co-op this afternoon. Maxwell House was having a tantrum at the checkout so I was spared from speaking to her. ”

「あのナナフシ女が妊娠した!今日の午後、彼女を生協ストアで見かけた。レジでマックスウェル・ハウスともめていたおかげで彼女と話すことを免れた」

 

 

"being spared from speaking to" = 「話すことを免れる」

 

 

"spare" をググると以下のように説明されています。

"refrain from inflicting (something unpleasant) on (someone)"

「不快なことが誰かに起こるのを防ぐ」

語源はOld Englishの”spær”(not pleantiful, meagre)とドイツ語系の"sparian"(refrain from injuring, refrain from using)から来ています。

 

 

 

ナナフシは主人公エイドリアンのお父さんの元浮気相手のことです。とてもやせ細っているのでエイドリアンはナナフシとあだ名を付けてます。

 

The Growing Pains of Adrian Mole: Adrian Mole Book 2 (English Edition)

The Growing Pains of Adrian Mole: Adrian Mole Book 2 (English Edition)

 

 

「涙を拭う」を英語で言ってみたい。

"The Growing Pains of Adrian Mole Adrian Mole 02"からの引用です。

“How-ever, I dashed them away and went to call on old Bert and Queenie.

「しかし、僕は涙を拭っていつものバートとクイニーに電話をかけに行った」

 

 

 

 

"dash away a tear" = 「涙を拭う」

 

 

 

 

"dash"をググると語源は以下のように説明されています。

"Middle English(in the sense 'strike forcibly against'): probably symbolic of forceful movement and related to Swedish and Danish 'daska'"

中世期の英語で「力強く殴りつける」という意味だったようです。涙をそっと拭いさるというより、袖で涙をぐっと拭う感じが"dash away a tear"には感じます。「負けるもんか」という気持ちが入っているのではないでしょうか。

 

 

 

 

The Growing Pains of Adrian Mole: Adrian Mole Book 2 (English Edition)

The Growing Pains of Adrian Mole: Adrian Mole Book 2 (English Edition)