英単語日記

今日覚えた単語の備忘録。

「貧乏くじを引く」を英語で言ってみたい。

タイの学校は夏休みに入ったのか、チェンマイのTCDCは学生でいっぱいです。

 

 

アマゾンのキンドルunlimitedで購読可能な"Four Pairs of Boots"からの引用です。

"…On my entrance though, the waitress squealed and disappeared out the back. From what I saw of her she was quite cute, and I wasn’t as impressed by the waiter who had obviously drawn the short straw and come out to serve me…"

「だけど、食堂に入った途端にウエイトレスはキャーキャー言って後ろに隠れてしまった。ちらっと見えた感じだと、その子は可愛かった。だけど、貧乏くじを引いて接客しに出てきた娘はそれほどでもなかった」

 

 

 

 

"draw the short straw" = 「貧乏くじを引く」

 

 

 

 

 

 ニュージーランド男性の日本徒歩縦断記です。

結婚して子供もいる割には、旅先で出会った女性について語ることが多いので、夫婦喧嘩になるんじゃないかと要らぬ心配をしていまいます。

Four Pairs of Boots: A 3,200 Kilometre Hike The Length of Japan (English Edition)

Four Pairs of Boots: A 3,200 Kilometre Hike The Length of Japan (English Edition)

 

 

 

「(距離の)1里」を英語で言ってみたい。

部屋の外においてある靴が気になってしょうがない。

今朝のチェンマイは空気が良い気がする。

 

 

 

アマゾンのキンドルunlimitedで購読可能な"Four Pairs of Boots" からの引用です。

"'Ichi ri chotto,' he said. A little over an hour walking. In the past, one “ri” was the equivalent of what a man could walk at normal pace in an hour. It was considered to be about four kilometres."

「1里ちょっと、と彼は言った。一時間ちょっとの歩きだ。むかし、1里は男性が普通のペースで一時間に歩くとこのできる距離に相当した。大体4キロメートル相当だと考えられている」

 

 

 

「1里」= "the equivalent of what a man could walk at normal space in an hour"

 

 

 

 

 ニュージーランドの男性が日本を徒歩で縦断しています。

’90年台の日本が描かれていてます。

Four Pairs of Boots: A 3,200 Kilometre Hike The Length of Japan (English Edition)

Four Pairs of Boots: A 3,200 Kilometre Hike The Length of Japan (English Edition)

 

 

「地元の意見」を英語で言ってみたい。

嫌な咳が止まりません。

この時期のチェンマイの空気は悪すぎ…

 

 

 

 

アマゾンのキンドルunlimitedで購読可能な"Four Pairs of Boots"からの引用です。

"I had a good map of the area but was keen to get some up-to-date information on the trails, and also a local’s thoughts on the weather."

「この地区の詳細な地図を持っていたけれど、登山道についての最新情報を知りたかったし、天気について地元の人の意見も欲しかった」

 

 

 

 

"a loca's thoughts" = 「地元の人の意見」

 

 

 

 

 

Four Pairs of Boots: A 3,200 Kilometre Hike The Length of Japan (English Edition)

Four Pairs of Boots: A 3,200 Kilometre Hike The Length of Japan (English Edition)

 

 

「(秘密を)ばらす」を英語で言ってみたい。

とうとうチェンマイ名物、野焼きが本格的に始まったかも。

山岳部のAQI指数が200を超えて、どす黒い紫色になっている。

 

 

 

 

アマゾンのキンドルunlimitedで購読可能な"Four Pairs of Boots"からの引用です。

"The idea that I might speak Japanese would not occur to them. Hence I didn’t let on that I could speak their language."

「自分が日本語を話すかもしれないという考えは彼らにはなかった。したがって、日本語を話せるということはばらさなかった」

 

 

 

 

"let on" = 「(秘密を)ばらす」

 

 

 

  ニュージーランド男性が徒歩で日本縦断しています。

’90年代の日本を第三者の目線で見ています。

Four Pairs of Boots: A 3,200 Kilometre Hike The Length of Japan (English Edition)

Four Pairs of Boots: A 3,200 Kilometre Hike The Length of Japan (English Edition)

 

 

「肝心要」を英語で言ってみたい。

日焼けが痛い。

日陰を選んで歩いてます。

 

 

アマゾンのキンドルunlimitedで購読可能な"Four Pairs of Boots"からの引用です。

"The military influence became stronger, and with the economy dependent on imported raw materials, expansion became the name of the game, leading into World War II."

「軍の影響が強くなるにつれ原材料を輸入に頼る経済状況では拡大路線が肝心要となり、第二次世界大戦につながった」

 

 

"the name of the game" = 「肝心要」

 

 

 

 

ニュージーランド男性が徒歩で日本縦断しています。

Four Pairs of Boots: A 3,200 Kilometre Hike The Length of Japan (English Edition)

Four Pairs of Boots: A 3,200 Kilometre Hike The Length of Japan (English Edition)

 

 

「為になる」を英語で言ってみたい。

ヒリヒリして眠れません。

タイ人が暑い国で長袖を着る理由がわかりました。

スクーターに乗るときは長袖必携。

 

 

 

 

アマゾンのキンドルunlimitedで購読可能な"Four Pairs of Boots"からの引用です。

"I lunched at the “Ramen Daigaku”, the Noodle University. It was a franchise of a fast-food noodle shop chain, but I didn’t feel I’d bettered my education when I walked out the door."

「昼ごはんはラーメン大学で食べた。ファストフードラーメンチェーンのフランチャイズだけれど、店を出たときに何か為になったとは思わなかった」

 

 

 

 

"better my education" = 「為になる」

 

 

 

 

 日本語を話せるニュージーランド男性が日本を徒歩縦断してます。

Four Pairs of Boots: A 3,200 Kilometre Hike The Length of Japan (English Edition)

Four Pairs of Boots: A 3,200 Kilometre Hike The Length of Japan (English Edition)

 

 

「方向音痴」を英語で言ってみたい。

チェンマインのAQI指数が赤く染まってます。

 

 

 

アマゾンのキンドルunlimitedで購読可能な" Four Pairs of Boots"からの引用です。

'“Hoko onchi” is one of my favorite terms in Japanese and aptly describes someone who is hopeless with directions, and has no idea where they are.'

「’方向音痴’は自分の好きな日本語の一つで、方向感覚が絶望的で自分がどこにいるかわからない人を適切に表現している」

 

 

"someone who is hopeless with directions, and has no idea where they are" = 「方向音痴」

 

 

 

 

 ニュージーランド男性が日本徒歩縦断中で萩美人に出会っています。

Four Pairs of Boots: A 3,200 Kilometre Hike The Length of Japan (English Edition)

Four Pairs of Boots: A 3,200 Kilometre Hike The Length of Japan (English Edition)