英単語日記

今日覚えた単語の備忘録。

「仕事にうんざりする」を英語で言ってみたい。

”The Growing Pains of Adrian Mole Adrian Mole 02”からの引用です。

“My father is getting fed up with his job as a canal bank renovation supervisor. He says that no sooner do Boz, Baz, Maz, Daz and Gaz, his gang, clear a section of canal than some slob comes along in the night and tips a month's household rubbish on the virgin bank.”

「お父さんは運河リノベーション監督のしごとにうんざりしている。お父さんが言うには、部下のボズ、バズ、マズ、ダズ、ガズが運河の一部を掃除した途端にどこかの怠け者が夜にやってきて掃除したての運河に一か月分の家庭ごみを投げ捨てていくらしい」

 

 

 

 

"get fed up with one's job" = 「仕事にうんざりする」

 

 

 

etymoonline.comでは語源が以下のように説明されています。

past-participle adjective from feed(v.).Fed up "surfeited, disgusted, bored," is British slang first recorded 1900 (some early uses connect it to the Boer War), extended to U.S. by World War I; probably from earlier phrases like fed up to the back teeth. Earlier it was used of livestock, "fatten up by feeding." The notion probably is the same one in to have had enough "to have had too much."

イギリスのスラングで1900年に最初の記録が残っているそうです。おそらく最初は"fed up to the back teeth"「奥歯までいっぱいに食べさせられる」のようないいかたでした。最初は"fatten up by feeding"「食べさせて太らせる」というニュアンスで家畜のことを言っていたようです。

 

 

 

 

The Secret Diary & Growing Pains of Adrian Mole Aged 13 ? (English Edition)

The Secret Diary & Growing Pains of Adrian Mole Aged 13 ? (English Edition)

 

 

「考えてみます」を英語で言ってみたい。

”The Growing Pains of Adrian Mole Adrian Mole 02”からの引用です。

“He tried to get me to join the Young Communists. I said I would think about it. I thought about it for five minutes then decided not to. The GCE examiners might get to hear about it.”

「バート・バクスターが僕を共産党青年会に勧誘してきた。『考えてみる』と言っておいた。5分間考えて止めておくことにした。GCEテストの試験管が耳にするかもしれない」

 

 

"I'll think about it" = 「考えてみます」

 

 

 

urbandictionary.comでは以下のように説明されています

"A way of sayinng 'No' without disappointing the person you're talking to. This phrase is used mostly by parents, and girls"

「話し相手を傷つけることなく『No』という方法。このフレーズは主に親や女の子に使われることが多い」

 

 

 

 

 

The Growing Pains of Adrian Mole: Adrian Mole Book 2 (English Edition)

The Growing Pains of Adrian Mole: Adrian Mole Book 2 (English Edition)

 

 

「話すことを免れる」を英語で言ってみたい。

”The Growing Pains of Adrian Mole Adrian Mole 02”からの引用です。

“Stick Insect is pregrant! I saw her in the Co-op this afternoon. Maxwell House was having a tantrum at the checkout so I was spared from speaking to her. ”

「あのナナフシ女が妊娠した!今日の午後、彼女を生協ストアで見かけた。レジでマックスウェル・ハウスともめていたおかげで彼女と話すことを免れた」

 

 

"being spared from speaking to" = 「話すことを免れる」

 

 

"spare" をググると以下のように説明されています。

"refrain from inflicting (something unpleasant) on (someone)"

「不快なことが誰かに起こるのを防ぐ」

語源はOld Englishの”spær”(not pleantiful, meagre)とドイツ語系の"sparian"(refrain from injuring, refrain from using)から来ています。

 

 

 

ナナフシは主人公エイドリアンのお父さんの元浮気相手のことです。とてもやせ細っているのでエイドリアンはナナフシとあだ名を付けてます。

 

The Growing Pains of Adrian Mole: Adrian Mole Book 2 (English Edition)

The Growing Pains of Adrian Mole: Adrian Mole Book 2 (English Edition)

 

 

「涙を拭う」を英語で言ってみたい。

"The Growing Pains of Adrian Mole Adrian Mole 02"からの引用です。

“How-ever, I dashed them away and went to call on old Bert and Queenie.

「しかし、僕は涙を拭っていつものバートとクイニーに電話をかけに行った」

 

 

 

 

"dash away a tear" = 「涙を拭う」

 

 

 

 

"dash"をググると語源は以下のように説明されています。

"Middle English(in the sense 'strike forcibly against'): probably symbolic of forceful movement and related to Swedish and Danish 'daska'"

中世期の英語で「力強く殴りつける」という意味だったようです。涙をそっと拭いさるというより、袖で涙をぐっと拭う感じが"dash away a tear"には感じます。「負けるもんか」という気持ちが入っているのではないでしょうか。

 

 

 

 

The Growing Pains of Adrian Mole: Adrian Mole Book 2 (English Edition)

The Growing Pains of Adrian Mole: Adrian Mole Book 2 (English Edition)

 

 

”shrink”の意外な意味。

”The Growing Pains of Adrian Mole Adrian Mole 02”からの引用です。

“I GOT A NEW SHRINK STOP HE IS PORTUGUESE STOP ETHEL GLITTENSTEINER SWEARS HE CURED HER KLEPTOMANIA STOP HOW'S THE WEATHER STOP”

「新しい精神科医を見つけたのピリオド。ポルトガル人よピリオド。エセル・グリッテンスタイナーが言うには、その医者は彼女の万引きグセを直したそうなのピリオド。天気はどう?ピリオド」

 

 

 

"shrink" = 「精神科医

 

 

 

ググると以下のように説明されています。

"a phychiatrist"「精神科医

語源は諸説あるようです。

"headshrinker"が短縮されて今の"shrink"になったといわれています。

Quoraで”shrink”の語源に関する質問が答えられていました。

「エゴで膨らんだ頭をすぼめる」ことから"head shrinker"になったと言う答えが自分は一番納得できました。"head shrinker"の単語自体は元々アマゾンの首狩り族を指していたことも説明されています。

 

 

 

 

 

The Growing Pains of Adrian Mole: Adrian Mole Book 2 (English Edition)

The Growing Pains of Adrian Mole: Adrian Mole Book 2 (English Edition)

 

 

"flue"の意味が分からない。

"The Growing Pains of Adrian Mole Adrian Mole 02"からの引用です。

“And I just love your flues [chimneys, translated by Mr Dock]. In the Apple [New York] we don't have flues [chimneys]”

「それに、煙突がすごいよ。(ドック先生が『チムニー』だと説明した。)ビッグアップル(ニューヨーク)じゃ煙突なんてないし」

 

 

 

 

"flue" = 「煙突」

 

 

ググると以下のように説明されています。

"a duct for smoke and wate gases producded by a fire, a gas heater, a power station, or other fuel-burning installation"

「火やガスヒーターや発電所又はその他の燃料を燃やす機器からの煙や排気ガスのためのダクト」

 

 

主人公エイドリアンのアメリカ人の友達が突然訪ねてイギリスにやってきます。なぜか主人公の学校でクラスの前でイギリスの感想を述べています。

 

 

The Growing Pains of Adrian Mole: Adrian Mole Book 2 (English Edition)

The Growing Pains of Adrian Mole: Adrian Mole Book 2 (English Edition)

 

 

"rap"の意味を知りたい。

"The Growing Pains of Adrian Mole Adrian Mole 02."からの引用です。

“He said, 'Hey, that's bad news, Adrian, but I'm busy tonight. Come and see me at 6 p.m. tomorrow night and we'll have a good rap.”

「彼は言った。『ヘイ、悪いニュースだな、エイドリアン。でも今晩は忙しいんだ。明日の夜6時に来いよ。ゆっくり話しでもしよう』」

 

 

"have a rap" = 「駄弁る、おしゃべりする」

 

 

 

"rap"をググると以下のように説明されています。

"a lengthy or impromptu conversation" 「長々とした思いつきのままの会話」

 

 

主人公のエイドリアンが彼女とうまくか無いことを相談したときの返事です。

 

The Growing Pains of Adrian Mole: Adrian Mole Book 2 (English Edition)

The Growing Pains of Adrian Mole: Adrian Mole Book 2 (English Edition)