英単語日記

web上で拾った英単語を紹介します。

”gloss”

日本語に訳しにくい単語です。基本的な意味は「ピカピカと光るもの」なんですけど、そこから「見た目だけの(まがい物)」のような意味につながり、さらには「言い訳」、「ごまかし」といった意味にまでつながっていきます。ハリー・ポッターの第二作を読んでいるときに出くわした言葉です。

今日、大西泰斗さんの「ネイティブスピーカーの前置詞」を読みました。前置詞のイメージがつかめて、今までどうしてこんなに翻訳になるんだろうと思っていたphrasal verbのイメージがつかめたような気がします。受験勉強的な文法を一通り終えた人にはかなりおススメです。前置詞とphrasal verbは切っても切れない関係なので、前置詞のイメージをつかむことによって日常会話で使われる口語表現に対する理解が深まるのではないかと思います。口語表現の理解が高まれば、リスニングの力にもつながるので一石二鳥ではないでしょうか。

オススメの文法書です。